1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
      04 ,2009

    NEW SCHOOL CUSTOM earthdrive

    LIFE WITH THE [ GARAGE CRAFT PLANTS BIKE ] TOGETHER

    --

    Category: スポンサー広告

    Tags: ---

     

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    17

    Category: BUSAカスタム

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    ヒューズボックス・マウント&ボルト

    こんにちは、桜石です。

    大分久しぶりの更新になります。
    色々立て込んでいたもので、やっと更新する時間が作れました。

    今回はアッパーカウル内左側のヒューズボックスのセクションです。
    試したことの無いメッキ塗装というのをやってみました。

    ヒューズボックス01
    処理前です。

    ヒューズボックスマウント01
    ヒューズボックスマウント02
    塗装前のマウントのアップです。

    ヒューズボックスマウント03
    ヒューズボックスマウント04
    メッキ塗装後です。
    硬化に時間が掛かり、かつ塗膜が強くないので、日光か赤外線で十分に乾燥させてから取り付ける必要があります。
    綺麗に仕上げるコツは、薄く塗装を重ねて一吹きごとに完全乾燥させると塗膜が強くなり、良い仕上がりになります。


    ヒューズボックスマウント06
    仮組み状態です。

    ヒューズボックスマウント07
    ヒューズボックスマウント08
    以前、記事に書いた通り手を入れた場所は、その証として「軽量ボルト置換」を行っています。
    実際のカスタム工程はずっと進んでいますが、ステム周りのほとんど可能な限りを置換しています。
    ステム周辺数箇所にジュラルミンではなくベータチタニウムのボルトを使いましたが、高くて泣きました。
    写真はストックのクロモリボルトのグラム数を計測したものです。2本で7gなので1本は約3.5gかと思います。


    ヒューズボックスマウント09
    ヒューズボックスマウント10
    今回はポジポリーニのテーパーヘッドボルトとラバーワッシャに置換です。力のかからない場所と安全性に関係しない場所は、コストの問題もありますのでジュラルミンで統一しています。
    1本約1gです。
    約三分の一です。たいしたことないように感じますが、車体全体で行うと軽量化だけでなく、マスの集中化やカスタマイズによる重量増の間引きとしても有効です。
    ニュースクールとシュートアウト化は基本重量増になるので、その恩恵は中々です。
    お試しください。


    ヒューズボックスマウント11
    完成組み付け後のアップです。
    ダクトのマウントもボタンヘッドに置換してあります。

    本日はここまで・・・。
    なるべく時間を空けずに「最低1月1回は更新」を目標にしたいと思います。

    では、see you!!

    スポンサーサイト

    テーマ : カスタム    ジャンル : 車・バイク


    電力使用状況&電気予報
    Welcome to earthdrive
    earthdriveはhodohodoの暮らし、人の心や自然の力のこもる本物に囲まれた豊かな暮らしを提案します。

    earthdrive

     ※当サイトはリンクフリーです。

    メールでコンタクト

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。