1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
      08 ,2017

    NEW SCHOOL CUSTOM earthdrive

    LIFE WITH THE [ GARAGE CRAFT PLANTS BIKE ] TOGETHER

    --

    Category: スポンサー広告

    Tags: ---

     

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    08

    Category: ガレージ

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    21世紀 これからのガレージトレンド

    こんにちは、桜石です。

    最近、建築家も若手が活躍するようになり、ガレージングハウスやガレージ付の賃貸物件が徐々に増えてきています。都内でレッドバロンが手掛けた「バイクと暮らせる賃貸マンション」が近年話題になりましたね。
    全国各地のレンタルガレージも盛況ですし、より自分の生活に目を向けたライフスタイルに日本もシフトしつつあるようです。

    21世紀のガレージトレンドは、「明るく綺麗で、家と間違うくらい住めそう、そんなくつろぎ空間」なんだと思います。
    桜石も、2009年はそんなニュースクールなガレージを手に入れるのが目標となっています。

    スポンサーサイト

    06

    Category: ガレージ

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    ガレージを手に入れよう!2009!

    男の夢よ、永遠に!!!

    やあ、おはよう!桜石です(笑)。
    「2009年は、アトリエを手に入れよう!」がテーマです。


    2008年10月から始まった、「‘08 隼」の時間を掛けた計画的なカスタムと、その直前に行った腕慣らしの「ちゃりのレストア」をしていて、そろそろ自分もクリエイティブなスペースが欲しくなりました。

    バイクのカスタム、クルマのメンテ、アートクレイ、日曜大工、何をするにしても作業効率が悪いのです。

    私個人としては、「ガレージというよりはアトリエ」と考えています。
    以前にも書きましたが、作業を始めれば長い時間をそこで過ごしますから、パソコンやネット環境の他に、デスク&チェア、テーブル&ソファ、音響システムとティーセットは最低限必要と思っています。
    自宅の離れなら、電気や水廻りはなくても良いでしょう。

    「住めるガレージ空間」、これが間違いなく21世紀のトレンドと思います。ライフスタイルに合わせた空間です。
    不動産関係の方はそこを見抜いて、そういう物件が増えていますが、畑付や温室付物件などクルマ・バイク以外のライフスタイルに合わせた物件は、まだまだ少ないです。

    ステイタスや形を求める価値観が崩れ、「自分が、何時どこで誰と何をしているか?そして、それが楽しく幸福であるか?」が新しい価値感として多くの人に受け入れられ始めています。

    また、アトリエとして専用のスペースがあれば、工作機械など大型の設備を設置できますので、作業効率だけでなく製作する部品の精度や出来も良くなります。

    桜石の場合は、どこかを借りるか大きいコンテナを買って、アトリエとしてセルフビルドしようと思っています。
    箱物を建ててしまうと引っ越しなどには不向きな為です。まだ、30代なので状況次第では引越しの可能性が高いからというのが理由です。

    この「ガレージ」のカテゴリーで、桜石が2009年ガレージを手に入れられるか?その場合どんなガレージになるか?をレポートしていきたいと思います。

    「出来たらいいな」を形にしよう!!!

    テーマ : セルフビルド    ジャンル : 車・バイク

    10

    Category: ガレージ

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    更新サボってます。

    こんにちは、桜石です

    3ヶ月ぶり位になりますか?
    前回の更新から・・・。




    ちょくちょく覗いて下さっている方には申し訳ない思いです。


    体を壊し療養の後、リハビリのために筋トレを兼ねてガレージのセルフビルドを実行しました。

    肝心のバイクすらイジル間もなく、セルフビルドです。
    何してるんでしょうね?自分・・・。

    2009年の初心としてブログにも書きましたが、「自分のガレージを持つ」という夢を実現しました。
    1gouten1

    1gouten2

    しかも、大型バイクなら2台、小型バイクなら3台同時に作業できます。
    基本工具やスタンド類も2SET用意して、仲間の集える場所にしました。


    まだ、付いてませんが壁面に50Vのプラズマを設置予定です。写真で壁から出ているのはHDMIです。
    デノンのAVアンプと5.1chスピーカーを設置、配線とオーディオセッティングも完了!

    映画や音楽を楽しみながら、カスタム三昧可能なガレージへと何とか形にできました。
    ソファを置けばゲームなども楽しめます。桜石はXBOX派ですが、PS3も一応あります。
    奥の書斎からすべてコントロールできます。


    セルフビルドだから、総工費は格安です。が、隼のカスタムが全部終了するほど掛かりました。
    少しナメてました。
    ストレッチ化も300タイヤKITもエアサスもグラフィックも、丸ごとお願いしてもおつりが来る勢いです。(泣)
    カスタムは時間かけてコツコツやりますです。しかたがないので・・・。
    設備がね~、カスタム人だからね~、コリ症なんだよね、基本・・・。
    積算したらビックリしたよ!!!自分に!



    写真に載ってない反対側の面に、2m×1mの塗装ブースと大型の作業台と流しを現在取り付けています。
    今度のオフシーズンはFF13とカスタム三昧の日々ですよ(笑)。

    次の野望は、メッキ塗装設備と巨大ガレージへの引越しです。

    ステアカスタム一部終了の写真です。
    後でアップしますが、現在はこうなっております。
    hakaida-

    間違えました。こちらが正解です。↓
    sutea

    テーマ : バイク    ジャンル : 車・バイク

    19

    Category: ガレージ

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    2010年 新年のご挨拶

    2010年 明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

    昨年、マイガレージをセルフビルドした経験を生かして、茨城県内の方にかぎりガレージプランの相談やガレージビルドのお手伝いを致します。
    ご希望の方は、ご連絡ください。
    ボランティアではないので、交通費などは頂きますが、原則無料でお手伝いいたします。気軽にお声がけください。


    「小正月も終わった頃に、何言ってるか」とか言わない!そこ!


    その後のガレージのフォトなど載せつつ、今年最初の記事と新年のご挨拶にかえさせて頂きたいと思います。

    0568
    0583

    エンジンやステムやピボット関係の特殊工具やブラストやエアブラシ以外は全て揃えました。
    エアブリーダー・キャリパー系ツールと油圧プレスは近日購入予定です。
    後は写真の反対側に大型の作業台とパーツ洗浄用シンクを造作予定です。


    0600
    国道沿いの空きテナントを借りて、マイガレージにしてあります。
    とにかく作業が楽でスムーズに行えます。

    最近、ガレージを特集した雑誌や関連書籍も増え、ますます熱いガレージングライフ!!!
    一人暮らしの皆さん、いかがですか?家賃以下の値段で、思わず住めそうな遊べる入り浸れる、そんな空間!

    桜石のガレージは、ブルーレイもDVDもゲームも出来る。5.1Chの音響システム(中の上程度ですが・・・)で楽しめる。そしてバイクもクルマもカスタム出来て、ワンオフのクラフトも可能な空間を目指してビルドしました。
    映画をかなり良い環境で楽しみながら、バイクをカスタムしたりも出来ます。

    やっと叶った夢です。こんどは皆さんのお手伝いがしたいです。
    この喜びを誰かと分かち合いたい思いで一杯です。

    2010年からは全人類的にスローライフの時代です!多分!!!

    人は楽しむ為に、生まれてきたと思います。
    今のこの時代だからそこ、楽しむ気持ちを忘れず、したいことをしましょう!


    ブログ村ランキングに参加中です。
    私に1票をお願いしますw

    にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
    にほんブログ村←ポチっとなw

    テーマ : バイク    ジャンル : 車・バイク

    18

    Category: ガレージ

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    ログガレージをセルフビルド

    桜石です、お久しぶりです。
    更新サボってます(笑)。年平均更新回数が10回未満って管理ページに表示されていました。


    現在のガレージをセルフビルドしてから、その楽しさに目覚めました。
    ケヤキの無垢木などを扱う中で、本物の素材感の良さをあらためて再発見しました。

    ※ケヤキの無垢板が欲しい方は、ブログのメールフォームからメールください。
     大量に仕入れましたので、ストックが沢山あります。
     大量に必要な方でも大丈夫です。


     寸法と価格は
                長さ2000~3000
                幅300~400
                厚40~50mm        ¥3,000-/枚


    そして、ログハウスのマイホームと大型ガレージを次の目標にしようと、心に決めました。

    早速、行動開始です。
    ログハウスメーカーBESS(旧ビッグフット)の展示場が近くにあるので、2月に見学へ行きました。
    BESSは瑕疵担保責任法のはるか以前、10年以上前から品質保証している会社で現在は50年保障住宅になっています。
    他のメーカーと違うところは、とにかく誠実でコンセプトがブレていない、お客様ではなく仲間という位置づけで「媚びない」「執拗な営業はしない」んだそうです。

    「己の欲せざるところ、人に施すなかれ」=自分がされて嫌なことは、人にしない

    と宣誓しています。面白い会社です。


    住宅のプランもセンスが良いです。カッコいい!
    気に入りました。


    とくにカントリーカットログハウスと程々の家がお気に入りです。
    とても住みやすそうでした。

    見学の感想は、家とは言えないような不思議な感覚がありました。
    やさしい何かに包まれているような「子供の時の安心した時間」、そんな感覚です。
    言葉では伝えにくいので、是非見学に行ってほしいと思います。
    見学するだけでも価値があると思います。

    とにかく感動しました。


    セルフビルドはガレージだけにして、マイホームはBESSにお願いしようか迷っています。
    造りたいけど、BESSの家にも住みたい!悩ましい!!

    見学中、営業マンがついて回ることもないので、ゆっくり見られます。
    桜石は、気が付いたら3時間半も見学してました。

    平日の見学は、ほぼ貸しきりとなりますのでおススメです。
    程々の家1

    自然派個性住宅BESS


    ブログ村ランキングに参加中です。
    私に1票をお願いしますw

    にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
    にほんブログ村←ポチっとなw

    テーマ : バイク    ジャンル : 車・バイク

    17

    Category: ガレージ

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    部屋の一部としての庭  リビングガーデン/ランドスケープ

    おはようございます、桜石です。

    今回は、昨年ガレージのセルフビルドを通して新たに発見した
    「花や草木を植えて育てる」「緑のある暮らし」
    としてガレージ外の花壇などをアップします。


    最近は輸入住宅やログハウスを選択する人も増え、ウッドデッキや温室兼用のテラスなどの人気が高まりつつあります。
    建材メーカーもサンルームの商品が年々増えつつあるので、その需要がうかがえます。

    テーマは「リビングガーデン」

    wd1
    ※写真はBESSのワンダーデバイス「ファントムマスク」

    リビングガーデンとは
    写真のようにサッシをスマートで開放的なものにして
    戸を開けば敷居の先にデッキや庭が
    リビングの一部としてつながる
    プライベート空間のことです。


    開放型、半屋内型、屋内型、サンルーム型、パーゴラと壁を組み合わせた
    屋内でも屋外でもないタイプと種類もやデザインも豊富になって、選ぶのに迷います(笑)。

    桜石のガレージは
    中も外も緑でいっぱいになっています。


    今年はエクステリアに力を入れて、屋内型のウッドデッキと石畳を施工しようと計画中です。
    あと、花壇を増やしていくつもりです。

    花や草木に囲まれているのはとても安らぎを感じ、幸福感と感謝の気持ちが芽生えてきます。

    g1
    水道メーター近くの土間が壊れていたので、土を入れ替えて色々植えました。
    とにかくビオラが元気です。

    目の前の歩道を通る方がよく足を止めて、眺めていかれます。

    白い砂利は、石英系のクラッシュストーンで、建物裏全てに敷きました。
    商品名は「クリフロック」です。1キロ400円未満なので助かりました。

    石英系は光を反射してキラキラ光るので、夜も明るく綺麗です。
    悪天候の夜でも明るいので、防犯効果もあります。

    g2
    育成中の草花です。これからアチコチに植え替えていこうと思います。

    g3
    もう一つの花壇です。
    大きいグリーンはイタリアンパセリ(笑)です。大きくなりすぎました。
    ミント、ブルーベリー、テディなども植わってます。

    g4
    花壇のど真ん中のクランベリーです。いつも実がなっています。
    甘い良い香りがします。


    この軒先にウッドデッキを造ろうと考えています。
    そしてガレージの外に、出入り口以外途切れない長い花壇を造って年中花と緑でいっぱいにしていきたいと思います。


    進捗も随時アップしていきます。

    水戸市を花と緑が出迎えてくれる
    生命力に溢れる都市にしたいです。


    ブログ村ランキングに参加中です。
    私に1票をお願いしますw

    にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
    にほんブログ村←ポチっとなw

    テーマ : バイク    ジャンル : 車・バイク

    05

    Category: ガレージ

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    目の錯覚を利用した店舗設計

    最近、ガレージデザインのお勉強で、海外のデザイン系サイトを覘いています。
    面白い店舗設計で、目の錯覚と思い込みを利用したものです。
    まんまと引っ掛かりました(笑)。


    3d-shop-display-window.jpg
    一見するとわかりませんが。。。

    3d-storefront-chair-illusion.jpg
    仕掛け発見。

    3d-seats-illusion-layout.jpg
    透明感のあるアクリル製の椅子だと思いました。

    3d-dynamic-display-perspective.jpg
    ウィンドウ正面から見たときに視えるだまし絵でした。

    Extrusion Illusion: 2D + 3D Display Chairs Trick Mind & Eye


    テーマ : バイク    ジャンル : 車・バイク

    12

    Category: ガレージ

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    大震災に負けない おうち造り!!

    ターザン風のタイトルでスタート(笑)。

    3月11日の地震以降、キャンピングカー人気が高まりつつあります。
    ファンやキャンプ好きの人だけでなく、被災時のシェルター機能に注目が集まっています。
    太陽光パネルや風力発電機を搭載したものが人気のようです。



    そこで今日は、こんな記事を紹介します。
    シンプルモダンのボートハウスです。
    dutch-houseboat-modern-design.jpg
    津波の映像をみて、真っ先に感じたのが船の強さでした。
    「転覆さえしなけれ、こんなに強いのか。」
    dutch-white-floating-interior.jpg
    各部の強度あげて、浸水を防ぐ事が出来れば
    よそへ避難するより家の中が一番安全そうです。

    自動車のキャビンのようなセーフティールームとシートベルトが必要になりますが・・・。
    dutch-modern-homeboat-plans.jpg
    部屋数も多く開放的です。
    dutch-home-on-water.jpg
    これで全国をまわるもの楽しそうです。

    Split-Level Houseboat: Half Sits on Surface, Half Underwater

    テーマ : セルフビルド    ジャンル : 車・バイク

    14

    Category: ガレージ

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    大震災に負けない おうち造り第2弾。

    今回もターザン風のタイトルで始めたいと思います。


     
    今回は家というか、「なんかもう移動基地で蝶HAPPY!」な感じで振り切りましょう。
    色んなものを・・・。


    キャンピングカーにはいくつか形態がありますが、トレーラーヘッドで引っ張る大型のキャンピングトレーラーがあります。
    モーターホームとかトレーラーホームとか呼び名は様々ですが、居住性は段違いです。

    このタイプのモーターホームに、主にサンデーレーサーやプライベーター向けのガレージ付トレーラーがあります。
    今回はそちらをご紹介します。
    gallery_picture_3573.jpg
    メーカーはアメリカのジェイコ。 ジャイ子とか言わない!そこ。
    gallery_picture_3571.jpg
    レースウィークを快適に過ごすようになっているので、ほとんど家とかわりません。
    gallery_picture_3572.jpg
    簡単な調理や片付けのしやすそうなキッチン。
    gallery_picture_3568.jpg
    gallery_picture_3569.jpg
    バス、トイレ、ベッドルームも広々キレイです。

    この居住性は抜群、防災シェルターとしても申し分ありません。
    キャンピングカーは発電機を搭載できるものが多く、牽引タイプのものは牽引車両と電源接続が出来るようになっています。
    これに太陽光パネルをつけてあげれば、大停電でも不満なく生活できます。

    gallery_picture_3570.jpg
    ハーレー2台を格納できます。シェルターなら十分な広さでしょう。
    写真をよく見ると昇降式のクィーンベッドに気が付きます。
    ガレージハッチがスロープになっていて、とても合理的です。
    gallery_picture_3289.jpg
    簡易キャビネット付。
    gallery_picture_3292.jpg
    重量物のタイダウン用フックで移動も安心です。
    gallery_picture_3567.jpg
    断熱構造の詳細です。真冬や真夏以外なら過ごしやすそう。

    如何でしたでしょうか?
    このボリュームで現地価格は、円高で500万円未満です。

    私も悩んでます(笑)。
    ジェイコHP



    後記:今回の震災、津波でバイクを流された方が数多くいらっしゃいます。
    私自身も被災しましたが、より被害の大きい東北の皆様のバイクと共にある日常が早く戻ることを切に願います。

    テーマ : ガレージのある暮らし・・    ジャンル : 車・バイク

    01

    Category: ガレージ

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    WANDAが5つで・・・。(震災体験記)

    2C0H0_DB2_5.png2C0H0_DB2_5.png2C0H0_DB2_5.png2C0H0_DB2_5.png2C0H0_DB2_5.png
    WANDAファイブ!!!!!

    そして、4つで・・・WNDAフォー!!!!

    暑いのと寒いのが同時にやってきて、身体がアチコチいきそうです。

    大震災を経験して、その対策としてキャンピングカーを度々紹介していますが、自身の体験を記していないことにふと気が付く。
    自身の体験も記しておくべきではないかと思った次第です。



    3月11日、本震時に水戸市でビルの7階にいました。
    いきなり大きな揺れが来たわけではなく、最初「強めの地震かな?」くらいの揺れでしたが、ずるずると揺れがやまず揺れが収まりかけたときに、さらに大きな揺れが来るような感じで何段階も経て徐々に大きな揺れへとボルテージを上げて行きました。
    ビルの高層階にいたこともあって、1階で感じるものとは違ったのでは?と思います。

    一緒にいた人が歩き回っているので、呼びかけて障害物のなるべくない場所でしゃがんで揺れをやり過ごしました。
    立っていられない揺れなのは勿論のこと、しゃがんでいても身体は横に滑って動いていました。
    まるで走行中のトラックの荷台に座っているかのようでした。

    すぐ目の前で照明が落下し、イス、テーブル、重すぎて倒れることもできない書類棚等が壁の端から反対端に移動して動き回っていました。

    そして、揺れが収まってからも余震の嵐で避難どころではなく、散乱したもので足場もなく、やっとの思いで建物を出たのは15~20後位でした。
    避難の途中、ビルの6階以下の梁に入った大きな亀裂の数々を目にして、建物がもったことに感謝しました。


    建物を出た後、一時避難から帰宅するまでの最中に体験した、平時では中々考えられない「災害時の盲点」をここを読んだ方のために記しておきたいと思います。


    まず体験した被災時の一時避難の盲点

    クルマで車道へ出て一時避難、遮蔽物のない公共駐車場へ向かう。最初信号が近くになく気付かなかったのですが、信号が落ちていて、大渋滞。
    この渋滞につかまっていた時間帯、東北では場所によっては大津波が到達していました。その津波被害地域であれば、逃げ遅れていたかもしれません。

    やっとの思いで避難場所へ到着するも、避難場所が被災していてダメージ大。

    トラック類やフロアの高めのクルマでないと入り込めないほど陥没や隆起が起きていました。
    さらに破断した下水で水浸し、多くの人が一時避難していましたが、避難場所自体のダメージと大きな地震が続く中で、長居するとここからクルマで出られなくなる可能性もあり、皆一様に情報と冷静さを得た人から順に、その場を後にしていきました。(この場所は今現在も使用不能で閉鎖中です。脱出不可能になったクルマが数台放置されてます。)

    気になったのは、ゴールデンレトリーバーを連れてジョギングしている年配の女性を見かけたこと。
    あれだけ市内が騒然としていても気付かなかったのか?大物か?死の瞬間まで己の日常を営もうとする武士道の体現か?
    様々な憶測が駆け巡りました。しかも、走るの速い。


    一時避難から帰宅にかけての盲点

    通常であれば帰宅まで、ゆっくり帰っても1時間ほど。
    この日は5時間かかりました。無理に帰る必要は必ずしもありませんが、自宅に高齢の祖母が一人で居たため強行軍で帰りました。

    最初の盲点、水戸市を出れない・・・。国道以外の信号が動いておらず大大大渋滞。
    水戸を出たのが2時間後くらい。

    次の盲点、停電でジャーナル(レジ)が動かないとの理由で、スーパーもコンビニも物を売らずに店じまい。

    物があっても、現金があっても、自分の見た範囲では、営業していたお店は皆無。
    水と食べ物をたまたま持っていて助かったけど、手ぶらの人は可哀そうだと思いました。

    公衆電話が無料開放されていて、家電に電話したら祖母無事でした。
    ※激甚災害時、公衆電話は無料開放となるそうです。

    しかし、あとで聞いたら慌てて外に飛び出して、目の前に鬼がわらが降ってきて、真横の庭石が崩れたきたとか・・・。長寿の秘訣は運でしょうか?
    検証してみたら無傷の確率は大分低い状況でした。

    第3の盲点、陥没、崩落、隆起で道路が無い。
    いつも帰宅時に通る道は、消防団によって封鎖されていました。

    理由は道が崩落して跡形もない。(現在は復旧していますが、ガードレールなどは崩落したままです。)
    余程大きな陥没でなければ避けて通れましたが、崩落と隆起は被害がケタ違いで、大型のトラックやダンプでさえ、慎重に徐行しなくてはならない状況でした。
    出来た段差は、30センチから50センチ超まで場所によりマチマチで、徐行で帰宅せざるを得ませんでした。
    段差が大きくてレーンチェンジも出来ないので、自分のいる車道が先々で通行不能になっていないよう祈りながら慎重に運転して帰りました。
    こんなに頭をフル回転して運転したことは過去ありません。サーキット走るのより何倍も疲れました。
    帰宅した時には、疲れで身体が冷え切っていました。
    さらに余震がすごくて車中泊。兎に角、つらかったです。



    カスタム車や、エアロ装着車は、大災害に際しては使い物にならないことを実感しました。
    カスタムは平和な日常で初めて成り立つ贅沢な文化であるということも痛感しました。
    2007r04_73.jpg
    ですから、緊急時の備えとしてキャンピングカーやトレーラーをお考えの方は、緊急時の走破性を念頭によく考えて購入して頂くようお願いします。
    サンプルのフェラーリF1のようなヘッドとトレーラーは使い物になりません。

    緊急時の備えは、車載装備と徒歩の装備を重複しておくと、クルマが使えない際も困らずに済みます。

    固定電話について
    家電親機、公衆電話、黒電話、どれも停電時にも通話出来ますが、電気が不要な訳ではありません。
    電話線から必要電力を得て動いています。基地局のバックアップが切れるまでは通話出来ますが、予備電力がなくなり次第、通話不能に陥ります。
    携帯電話と同様です。

    こちらも体験しました。


    インターネットについて
    ご存じの方も多いと思いますが、今回の災害で脚光を浴びたインターネットですが、今後の大災害ではこれらが大きな盲点になるかもしれないと感じています。

    インターネット自体を使える可能性は高いですが、サービスの本体が海外にある場合、使えなく可能性があります。
    今回の災害では、海底ケーブルがすべて落ちることはありませんでしたが、次回もそうとは言い切れません。
    東日本大震災の際、一番厳しい局面では海外へのラインがたった1本だったそうです。
    (NTT コミュニケーションズ スタッフの不眠不休のインフラ維持に感謝します。)

    長文、稚文、失礼しました。

    それでは皆さん、良きクライシスを・・・。
    2C0H0_DB2_5.png2C0H0_DB2_5.png2C0H0_DB2_5.png2C0H0_DB2_5.png
    WANDAフォー!!!!

    テーマ : ガレージのある暮らし・・    ジャンル : 車・バイク


    電力使用状況&電気予報
    Welcome to earthdrive
    earthdriveはhodohodoの暮らし、人の心や自然の力のこもる本物に囲まれた豊かな暮らしを提案します。

    earthdrive

     ※当サイトはリンクフリーです。

    メールでコンタクト

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。