1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
      10 ,2017

    NEW SCHOOL CUSTOM earthdrive

    LIFE WITH THE [ GARAGE CRAFT PLANTS BIKE ] TOGETHER

    --

    Category: スポンサー広告

    Tags: ---

     

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    02

    Category: BUSAカスタム

    Tags: ---

    Comment: 2  Trackback: 0

    カスタムプラン1

    桜石です。

    自分の隼は08型なので、これまであまり気にしなかったのですが、パーツも増えてきて具体的なプランを考えるようになってきました。

    北米仕様の反射板は納車時に早速取り外しましたが、新型ということでしばらく保留。
    納車のとき工具持ってバイク屋さんを待っていたので、社長さんに「やる気だね~」と言われた記憶が脳の片隅にあります。

    正直、悩んでいます
    ニュースクールは大前提ですが、速いのでシュートアウトにするか否か、考えどころです。
    速いし、よく曲がるので惜しく思ってしまいます。
    昔、ZXR400に乗っていたんですが、なれたホームコースでZXRが頑張って85キロ程度のタイトコーナーを、隼で何の気なしに緩く走って同じスピードアベレージでコーナーワークしていきます。
    あのデカイ車体に似合わないスマートな走りっぷりですフルバンクさせて、タイヤをキレイに削りたいところですが、ちょっと無理がありますよね。そのときの速度、プラス何キロ?って感じです。
    話がそれましたが、前後のタイヤサイズと重心を再設定したら、犠牲を最小限に出来ないか考えてみたいと思います。

    スポンサーサイト

    12

    Category: BUSAカスタム

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    カスタムプラン2

    おはようございます、桜石です。

    V-MAXの新型が発表になりましたね。乗ってみたいです。
    先日、高校生の頃からお世話になっている「隼」の購入先、BLST(ブレスト)というバイクショップブログの話カスタムレポートの件をお願いしてきました。

    大英断で、シュートアウト仕様にしたいと思います。
    BLSTの社長も笑っていましたがタイヤのサイズ変更ディメンションの狂いを最小化出来ないか?と質問したら、「なるほどね~」と仰っていました
    ホイールベースが伸びるので絶対的に失われる性能分は致し方ありません。

    細かいプランニングは後日となりますが、カスタムレポートをアップする関係で工程を分けてイジッっていきます。
    シュートアウトでは、何は無くともローダウンかと思いますので、その前段階ステアリング周りからカスタムしていきます。
    お楽しみに!

    追伸
    私事ですが、祖母と二人暮らしなのですが、祖母が入院しましてリハビリにあと2ヶ月という状況です。
    そのため、カスタムプランの実行は早くて夏頃になると思います。
    しばらく、バイクにも乗れないため、隼も泣く泣く親戚のガレージに預ける始末。
    ここ数日は良い天気で、「写真日和」と思いながらも、何も出来ませんでした。
    いずれ必ず、マイマシンのフォトを載せます。

    31

    Category: BUSAカスタム

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    08 隼デフォルト

    おはようございます、桜石です。

    お久しぶりです。
    とうとうこの日がやってまいりました。

    earthdrive右斜め前


    やっとの思いで洗車と写真撮影を終えました。
    お盆やら事務所の移転やらで、今月も大変でした。
    9月には祖父の3回忌などもあって、どの位バイクに時間を割けるかわかりませんが、やれるだけやってみます。

    ええ、約束通りに写真をアップできなかった言い訳ですとも!!!はっはっはっはっはっ!


    まだ、何もしていません。
    唯一、ウィンターグローブが引っかかるので、レバーにショート加工を施しました。
    earthdriveブレーキレバー

    以前に記事で書いたメットと、愛用のグローブです。
    earthdriveメット&グローブ

    それでは、私の愛馬のデフォルト具合をご堪能ください。
    眠くなること請け合いです。
    earthdrive左斜め後
    earthdrive右斜め後
    earthdrive右サイド
    earthdriveステアリング
    earthdriveシートカウル

    30

    Category: BUSAカスタム

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    ステアリングのカスタムプラン考察

    おはようございます、桜石です。

    初夏に宣言した通り、ステアリング周辺からセクションごとにカスタムして行こうと思います。
    プランをたてて、それに従ってカスタムを行い、統一感を損なわないように気を付けたいと思います。

    桜石のカスタムの全体テーマは、「日本刀」に決定しました。
    その心は「研ぎ澄まされた単機能」です。

    工業製品の域を出ないようにカスタムしたいと考えた次第です。
    ショーカーではなく、自分の命を預けて普段から乗るマシンですから、余りアーティスティックにならずに工業製品としての無骨さを残し、機能性と信頼性がスタイリングに現れるようにしていきたいと思います。


    ピックアップすると、


    しまり具合

    モダンアート
    シュートアウト化
    ロングツーリング対応
    IT
    モノグラム
    軽量化

    です。


    しかし、自分の目指す単機能の処で、ストックパーツの点数も少なくなると思います。

    30

    Category: BUSAカスタム

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    テスト

    桜石です。

    真面目にニュースクールについて考えたとき、テーマは決まっても具体的にどんな工法やカラーやパーツをチョイスしようか悩みました。

    ありがちですが、メッキパーツを組んだらそれでニュースクールという訳ではありませんから、掲げたテーマに遜色無いようにと頭を抱えました。


    ニュースクールといえばメッキ・・・、メッキが定番になりすぎてブラックアウトが新潮流になりました。
    ドレスアップが目的ではありませんので、なるべくメッキは使わない方向でマテリアルとしての金属の美しさに注目したいと考えました。

    そんなわけで思惑通りになるか、クラッチマスターとクラッチレバーでバフ掛けの試験をしました。
    アートクレイがライフワークなので手持ちの工具で行いました。

    ※デジカメが壊れまして、写りがおかしいですが気にしないでください。


    クランプの処理前
    クランプ黒

    バフ処理後
    クランプバフ

    クラッチレバーの分解状態
    ビフォアー


    クラッチレバーのバフ処理と一部にカラーリング処理です。
    アフター


    レバー組み上げ
    アフター組み上げ後

    ジョイント部のアップ
    ジョイントアップ


    テストを終えてみると、悪くないですね。
    昔からバフに限らず、金属の地の色がわりと好きです。
    以前、宮島で閲覧した秀吉寄贈の正宗などは「本当に綺麗だな~」と思いました。


    カスタムに際しての使用カラーは、まずパールホワイトを基調として残し、黒を中間色に設定して、アルミの地金はバフ処理でワンポイント、接続色にオレンジ系かシナモン系のゴールドに決定です。

    カラーの使い方のは、「奥行き・構造体」を念頭に分布させようと思います。

    そろそろ、ステアリング周りの部品調達始めます。
    お楽しみに!

    20

    Category: BUSAカスタム

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    ELメーター

    こんにちは、桜石です。

    更新が遅れていますが、ステアリング周りのカスタムを開始しました。
    バラシついでにメーターベゼルをカラーリングしましたが、デフォルトの黒いメーター盤では納まりが悪いので、ELメーターを買うことにしました。

    時間が十分に取れれば、自分でデザインしたカスタムメーターにしたいのが本音です。



    カスタムパーツのショッピング


    ベゼルをシナモンゴールドにカラーリングしたので、明るいカラーのシートをチョイスしました。
    見難いですが、シルバーだそうです。

    どんな収まり具合になるか少し不安ですが、シンプルに白く発光するタイプが余りないのでこれに決めました。

    近々、パーツインプレッションの他、カスタムの工程もアップロードします。

    テーマ : パーツ    ジャンル : 車・バイク

    26

    Category: BUSAカスタム

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    ステアリングカスタム1

    こんばんは、桜石です。
    早いものでもうすぐ12月ですね。寒くなってきたし、絶好のカスタムシーズンです。

    ブログに書いた通り、シュートアウト化を睨んでのステアリング周りのカスタムに着手しました。
    色々、空き時間にチマチマやっているので進み具合は遅いのですが、着々と形になっています。

    まずは分解途中の隼のフォトを掲載します。
    ※まだ壊れたデジカメを使っていますので、写りが悪くボケが出ていますが気にしないでください。


    分解1
    カウルが外れるとコジンマリしますが、でもやはり大きいバイクです。

    分解2
    周囲にスズキに乗る人が居なかったので縁がありませんでした。しかし、所有して触れば触るほど「素晴らしい!マシンデザインです!!!」惚れました。

    分解3
    横からです。モジュール設計が徹底されていて、整備性が高いです。

    分解5
    件のメーター周りです。ビッレトグリップは使わない方向で考えています。ちょっと一手間掛けて定番外しをしてみたくなりました。上手くいけば良いですが・・・。

    分解6
    余り見かけないアッパーカウルの内側の写真です。ヘッドライト・ウィンカー・ハーネスが綺麗にマウントされています。本当に素晴らしいです。

    テーマ : カスタム    ジャンル : 車・バイク

    26

    Category: BUSAカスタム

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    メーターカスタム1

    桜石です。
    ついでで始めたメーターのカスタム工程をアップします。
    ※写りがおかしいのは気にしないでください。


    メーター1
    メーターをマウントしているボルトを2つ外したら、メーターマウントに2つのスタッドが差し込まれているだけなので引っ張れば外れます。

    メーター2
    隼のメーターは、モジュール化によって1カプラーで配線されています。

    メーター3
    ネジを外して分解した状態です。メーターベゼルはフロントカバーの裏に6本のネジでとまっています。ネジを外したらベゼル外周のビビリ防止用スポンジを綺麗に剥がします。
    更にベゼル自体もフロントカバーに両面テープで固定されているので、ホットガンで暖めて綺麗に分離させます。

    メーター4
    メーターベゼルを固定しているねじの様子です。

    メーター5
    塗りあがって再びフロントカバーに取り付けた状態です。

    メーター6
    仮組みです。

    メーター7
    最初はこれで完成!と思っていましたが、仮組みしてみたら重い色になったせいで黒いメーターシートでは収まりが悪いように感じました。車体カラーを同じく重い色に配色するなら良いですが、私の隼はホワイトを基本色にしようと思っていますので旨くないと感じました。

    ELメーターを購入したので、それが良い収まりになることを期待します。
    続きは後日アップします。

    テーマ : カスタム    ジャンル : 車・バイク

    14

    Category: BUSAカスタム

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    メーターカスタム2

    おはようございます、桜石です。
    やっとメーターカスタム更新です。

    楽天で購入したELメーターを組み込みました。
    メーターカスタム08

    JUST GO 楽天 >>楽天市場


    メーターカスタム09
    箱から出した状態です。
    何故かバックライトが5枚入っていました。

    メーターカスタム11
    指針の裏側です。
    振動対策でカウンターウェイトが入っているとは、驚きです。
    フォークで軽くこじると、外れます。外したほうが組み付けが楽です。

    メーターカスタム10
    メーターカスタム12
    メーターカスタム13
    シートを組み付けた状態です。

    メーターカスタム14
    指針を元に戻し、フロントカバーを被せます。
    まだ、完成ではありません。

    メーターカスタム16
    メーターカスタム17
    ハーネス処理の処理に割と時間を割きました。
    メーターマウントに付けたり外したり、クリアランスを十分に取ってどこにも干渉しないように気を使いました。
    ※メンテナンス性を考えて、メーター側に全て固定したかったので時間が掛かりました。配線処理に拘らなければ、簡単に短時間で取り付けできます。

    メーターカスタム18
    ELメーターの調整用有線リモコンはメーター本体の真下に固定しました。
    これも、メンテナンス性を考慮してです。

    メーターカスタム20
    最後に「エーモン 2極カプラー」を取り付けて、メーター側の作業は完成です。


    後はメーターハーネスの電源供給からラインを取って全て完了です。
    説明書には、「キーをオンにして電源が入る場所ならどこでも可」とありますが、ヒューズBOX以降の場所をオススメします。
    大きな電力が必要ない限り、ヒューズの設置を省略できます。簡素化・省スペース化・軽量化に効いてきます。



    後は車体側の配線作業を残すのみです。
    「ついで」で始めたメーターカスタムですが、費用は次の通りです。

    ペイント代        ¥1,980-
    ELメーターパネル   ¥19,500-
    エーモン2極カプラー  ¥  168-
    エーモンダブルコード  ¥  504-

    合計で¥22,152-でした。
    結構面白かったです。皆さんも是非トライしてみてください。


    桜石は、いずれオリジナルデザインのメーターにチャレンジしたいです。

    テーマ : カスタム    ジャンル : 車・バイク

    17

    Category: BUSAカスタム

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    軽量!ボルト・ナット・ワッシャー

    桜石です。

    書き忘れですが、自ら手を入れてカスタムしたセクションに「その証と最後の仕上げ」として、ポジポリーニ・デュラボルト・ベータチタニウムなどの軽量高剛性なボルト類に置換していきたいと思います。

    バイクはネジ数も多くありませんし、シュートアウト化が私のカスタムプランなので、軽量化というよりは増加する重量を間引くという感じになります。

    ステムやシートレールの周辺は、重心より大分高い位置にありますから、特に徹底して置換していきます。
    デジタル計量器で計ってみると、スチールとアルミでは「スクリューボルト1本で5倍」の重量差があります。

    隼はアッパーカウルとヘッドライトだけでもかなりの重量があるので、コツコツ間引きを行って低重心化を図ると、アメリカンのような独特の安定感が生まれるかと思います。

    隼はロングホイールベースとキャスター角による特有の「ふらつき」があります。
    信号での停止間際のほんの1~2秒、荒れた路面や段差など、気をつけないと簡単にバランスを失います。
    重心の高さと重量分布の仕方が旨くなく、フレームより上のセクションでの重量物の処理が課題です。

    「スクリュー1本なら5gから1g」になるだけですが、1000本なら4kgの差になります。

    大きいですよ!!!

    隼オーナーの方は、一度アッパーカウルを外した状態で乗ってみてください。
    扱いやすさは別物ですよ。

    カスタムパーツのショッピング

    ※保安上、最重要部分のボルトはストックを使いましょう。
    特に力のかかるアクスル周りやブレーキ関係は注意が必要です。チタンボルトは特にご注意ください。


    テーマ : カスタム    ジャンル : 車・バイク

    18

    Category: BUSAカスタム

    Tags: ---

    Comment: 0  Trackback: 0

    ETCアンテナマウント1

    こんばんは、桜石です。
    ステアリングカスタムのついでで行ったメーターカスタムも終了し、いよいよ本番のステアリングカスタムの工程に入ります。

    ハンドルクランプは気に入ったのがあって確保済みですが、ハンドルバー・バーエンド・マスターシリンダー・レバー類については、まだ選定中です。

    次のステップとして、ハンドルクランプの交換に備えて、前もってETCのアンテナとインジケータをトップブリッジに固定するステーを製作しました。
    その工程をアップロードします。

    ETCアンテナマウント00
    これがデフォルトです。
    購入時にETCを付けましたので、アッパーカウルにBLST(バイク屋)の社長が綺麗に取り付けてくれました。

    ETCアンテナマウント01
    ETCアンテナマウント02
    ハンドルクランプとトップブリッジの取り付けボルトが4ヶ所ありますが、この内の右側1ヶ所に共締めでステーを固定しようと思います。

    ETCアンテナマウント04
    ETCアンテナマウント05
    これが製作したETCアンテナのマウントステーです。
    アンテナとインジケータを並べて取り付けできます。
    穴あけ時に横着してクランプでの固定を怠った為に、一部傷だらけになりました。

    ETCアンテナマウント09
    ETCアンテナマウント10
    ETCアンテナマウント11
    仮組みの状態です。
    少し周囲とのクリアランスが狭いので、穴位置をずらして修正となりました。それ以外は問題なしでした。
    しかし、加工のしやすさから「t=1.2」のアルミ板を使用しましたので、振動で折れる可能性があります。
    振動の大きいバイクなので、そうならないことを祈ります。

    ETCアンテナマウント13
    ETCアンテナマウント12
    クリアランス確保の為の穴あけ後、オフカラーにしました。

    後は車体へ取り付ければ完成です。
    続きは後日アップロードします。


    テーマ : カスタム    ジャンル : 車・バイク


    電力使用状況&電気予報
    Welcome to earthdrive
    earthdriveはhodohodoの暮らし、人の心や自然の力のこもる本物に囲まれた豊かな暮らしを提案します。

    earthdrive

     ※当サイトはリンクフリーです。

    メールでコンタクト

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。